自転車でエクササイズ

Bicycle Road
menu

自転車を利用したエクササイズのメリットとは

自転車は手軽な移動手段ですが、動力が人力なのでスポーツやエクササイズの手段としても用いられます。
自転車を使ったエクササイズには多くのメリットがあります。
自転車はジョギングやその他の運動と比較して、肺や心臓への負担が小さくて有酸素運動なので効率的に脂肪を燃焼させることができます。
さらに有酸素運動を行うと体の各部分に酸素を運ぶための毛細血管が発達するので脂肪を燃焼しやすい体質になりますし、血管が柔らかくなるので循環器系の病気予防にもなります。
そして心臓に負担がかからないので、長時間かけてより多くのエネルギーを消費することができます。
例えば3kmの距離をジョギングするのと、10kmの距離を自転車で走る(30分~1時間)のとではほぼ同じ消費エネルギーですが、明らかに後者の方が楽に感じるはずです。
さらに荷物を前カゴに入れる科リュックに背負っても負担にならないので、買物への移動を兼ねたエクササイズを行うことができます。
とはいえ、道路交通法上の軽車両を公道で運転するので、制動装置やライトなどの重要保安装置をきちんと整備しておく必要がありますし交通ルールを守らなければなりません。

エクササイズ目的でも利用できる自転車

自転車は全身のエクササイズとしても使える乗り物で、ダイエットの強い味方になります。
サドルは高めでハンドルが低くなるスポーツ自転車であれば、運動効果は特に高くなります。
空気抵抗の少ない前傾姿勢でサイクリングをすることで、たるんでしまったお腹も引き締めることができます。
自転車のエクササイズを効果的にするためには、変速機やペダリングの基本も知る必要があります。
重たいギアで漕いだほうが運動になりそうですが、実際には違います。
ギアが重たすぎる場合には、脚に不必要な筋肉が付いてしまうことがあります。
ペダルの回転数はできるだけ増やしていけば、有効な有酸素運動になり、脂肪の燃焼が促進します。
自転車のエクササイズは、子供からお年寄りまで実践できる強みがあります。
足腰への負担が少ない状態で運動できるわけは、エネルギー効率に優れた乗り物だからです。
地球環境に優しくて、燃料費も必要ない乗り物であることも人気となっている理由です。

check

犬 ダイエット

Last update:2019/11/15

Copyright (C) 2015 Bicycle Road. All Rights Reserved.