道路交通法の改正

Bicycle Road
menu

道交法改正で設けられた自転車運転者講習とは

道路交通法は頻繁に改正が実施される法律としてよく知られています。
近年は特に、自転車の運転中の違反行為に対する取り締まりが強化されており、2015(平成27)年6月の法改正では一定の条件を満たす違反者に対して自転車運転者講習の受講が義務づけられるようになりました。
自転車運転者講習の対象者は過去3年間に2回以上違反行為を行った者です。
対象者は、都道府県の公安委員会から講習の受講命令が出てから3ヶ月以内にこの講習を受けなければなりません。
講習時間は3時間で、交通ルールについてのおさらいや、ビデオ教材等で危険性を擬似的に体験する講習、現実に起こった自転車事故の事例から事故のリスクを認識させる講習などが行われます。
この講習を受講すれば5,700円程度の講習料金を支払わなければならないものの、処分が行われることはありません。
ただし、公安委員会からの命令を無視して講習を受けなかった場合は5万円以下の罰金の納付を命じられるので、必ず時間をつくって講習を受講するようにしましょう。

自転車も道路交通法改正で厳しいルールに

健康志向やエコロジーというイメージがあって安易に乗ってしまいがちですが、自転車も自動車と同じ車に分類されます。
ひとたび事故を起こしたら、重大な責任が課せられるということを知っておかなくてはいけません。
2015年6月に道路交通法が改正され、主に自転車に対する部分が大きく変わりました。
乗りながら携帯電話を操作したり、イヤホンで音楽を聴いていたり、傘さし運転だけでなく、バッグを片方の肩にかけているのも、ハンドルに荷物をひっかけていたりするのも違反の対象になります。
そんなこと今までしてきたのに何でと思う人もいるでしょう。
ですが、最近は自転車のマナー違反が多く、携帯電話を操作していて前方不注意や信号無視、一旦停止をしなかったことが原因で事故を起こしたり、イヤホンをしていたことで周囲の音に気が付かずに事故にあうということが増えてしまったのです。
こうなると法改正をして取り締まるしかありません。
というか、今までが甘かったのです。
自転車に乗るということは車に乗るのと同じで、周囲に気を配って運転するのが当たり前です。
知らなかったでは済まされないので十分に注意してください。

Favorite

最終更新日:2019/8/2

Copyright (C) 2015 Bicycle Road. All Rights Reserved.