乗車時の服装選び

Bicycle Road
menu

自転車の服装選びのコツ

自転車に乗るときの服装は様々であり、夏には上着を着ないで日焼けをする人もいます。
選ぶための自由度はとても高いですが、何でも良いわけではありません。
紫外線の脅威から身を守りながらも、爽快感も同時に確保しなければいけません。
生地には通気性が必要ですが、空気抵抗を発生させるようでは使えません。
そのため、ぴっちりとしたウェアが理想とされていますが、一部の人は苦手としています。
自転車用のジャージはデザインも派手なのは、自動車からの視認性を高めるためでもあります。
パンツにも独特な締め付けがありますが、使い慣れるようになれば良さが分かります。
本格的な自転車ウェアが苦手な場合には、普段着を上手に活用して対処できます。
肌寒い時期には、コンプレッションインナーとジャケットを併用すると、カジュアルな服装にもなります。
インナーを多めに着るようにすれば、身動きがしやすい状態になり、汗が素早く乾いて爽快感が持続します。

風と気温に配慮した服装で自転車を利用

自転車で走るときには、服装の種類によって体力の消耗度が違うことが分かります。
強風がひどい日に薄着で出発してしまえば、寒さによって全身の力が衰えてしまいます。
暑い日の服装選びに失敗すれば、熱中症にかかる危険性が高まります。
自転車は常に風を切って走る乗り物ですから、気温の変化には敏感です。
変化に素早く対応するためには、折りたたみが可能なジャケットを携帯しておくことがおすすめです。
朝の時間はアームカバーで長袖にして、日中には脱いで半袖でサイクリングをすることもできます。
自転車で出かける前に絶対に行わなければいけないのは、風向きと気温の変化を探ることです。
風を読むことは、自転車愛好家にとって必須の能力です。
気温の変化は朝から夜にかけて把握しておきますが、天気概況も見て総合的に判断します。
冬場に出かける際には、薄くて温かい服装にするのが基本です。
ボリューム感のあるダウンジャケットなどは空気抵抗を強めるために、本格的なサイクリングには不向きです。

recommend



2019/7/12 更新

Copyright (C) 2015 Bicycle Road. All Rights Reserved.